読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Magic in the air

忘備録

ソウル・キッチン

「料理見るの好きだし、料理映画で面白いのを……」と簡単に検索して出てきた物を見たらとんでもない映画でしたの巻。

ソウル・キッチン

f:id:kimibokulalala:20170115184037j:plain:w250

原題「Soul Kitchen」
2009年公開のドイツ映画。主演アダム・ボウスドウコス(ジノス・カザンザキス役)。
ドイツ、ハンブルクにてレストラン「ソウル・キッチン」を営むジノス。ぎっくり腰になり料理をこなす事ができなくなった彼に、「土地を売れ」と行ってくる旧友が現れたり、「仮釈放で働くフリさせて」と言ってくる兄貴が来たり、恋人が上海に行ってしまったり、踏んだり蹴ったり!ジノスはレストランを続けられるのか?

以下、感想です。



冒頭に書いた通り、「料理映画で…」と思って見たら、全然料理映画じゃない!レストランの話なのに、料理出て来るシーン合計10分無いだろ!みたいな(笑)
とん~~でもない映画です。どうとんでもないかというと

・恋人が上海へ出張。浮気をされる
・兄貴が刑務所から仮出所してきてタカる
・旧友と再会したらレストランの土地を売れと言われ、断ると衛生局に電話をかけられる
・雇ったシェフが客を選ぶ
・雇ったシェフがデザートに催淫剤を混ぜ、店が乱交パーティー状態になる
椎間板ヘルニアを治すために整体師に行ったら酷い目に遭う
・兄貴が賭けに負けて、勝手に店を売りに出した

酷い……!面白すぎて爆笑してました。
大体ね、この映画を見る前の説明に「高級フレンチやポテトフライまで画面を彩る美味しそうな料理」って書いてるのが悪いんですよ。全然・美味しそうじゃ・無いです!(笑)
料理映画としては求めていた要素が何一つ無かったが、コメディ映画としては面白かった。
あと音楽もかなり良かったです。

キャラクター

キャラクターが多いので個人的な感想がある方だけ。

・ジノス・カザンザキス
主人公。冒頭の料理の仕方の汚さは凄い。
最初の方でぎっくり腰になるので、かなり長い間ヘロヘロな動き方をしています。そのノロ~くてどんくさい動きが、かなり良い感じの間を作っていました。

・シェイン・ヴァイス
鬼の料理人。高級レストランで働いていたが、「ガスパチョ(冷たいスープ)温めて出して、レンジでチンで良いから」って言った客に対し「冷たいスープなんだよボケがァ!」と包丁をテーブルに突き刺した為、クビ。ちょうど良いのでジノスがソウル・キッチンに雇った。
f:id:kimibokulalala:20170115184112p:plain
f:id:kimibokulalala:20170115184127p:plain
f:id:kimibokulalala:20170115184132p:plain
天才的な料理人なんだけど口と手が悪い。すぐ包丁を投げる。その包丁投げの才能を活かし、ソウル・キッチンが売却後はサーカスで働いている。
説明文の長さから見て分かる通り、好きですねこういうキャラクター。かなり推してます。もっと出て欲しかった。

・ルチア・ファウスト
ウェイター。倉庫街を不法占拠しながら絵を描いて生きていきたい女性。
この女性も美人ですが肝が据わっていて、かなり怒鳴る。とてもベタなアーティストキャラクターだと思いました。トランスミュージックというのか、エレクトロというのか、とにかく電子音楽ダンスをするのが好きという部分も含めて。

・トーマス・ノイマン
ジノスの旧友。不動産。凄い良い笑顔でシモネタを連発する。初登場だとかなり良い人に見えるけど、ニコニコしながら土地売ればっかり言ってくるし、途中とかもうね……(笑)
この俳優がヴォータン・ヴィルケ・メーリングという方なのですが、まぁ~格好良い。

映像

ストーリーの下品さ・こっぴどさ(良い意味でなのですが)とは裏腹に、かなり映像が素敵でした。f:id:kimibokulalala:20170115184137p:plain
f:id:kimibokulalala:20170115184140p:plain
酒を同じ構図で出すシーンは格好いい。ジノスとルチアが酒場で怒鳴り合っているだけなのですが。

エンディングのスタッフロールには痺れる。
f:id:kimibokulalala:20170115184047p:plain:w250
f:id:kimibokulalala:20170115184102p:plain:w250
ポスター風のキャスト紹介。かなり格好いい。

音楽

良かったので、一覧で。

クール・アンド・ザ・ギャング「Rated X」
クインシー・ジョーンズ「Hicky Burr」
デニス・ブラウン「I Don't Know」
ブガルー・ジョージョーンズ「Brown Bag」
Dyke and the Blazers「We Got More Soul」
モンゴ・サンタマリア「Get the Money」
シル・ジョンスン「Don't Do It」
カーティス・メイフィールド「Get Down」

広告を非表示にする